DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

【基礎代謝量の計算方法】とは?ダイエットは現状把握から!

      2015/03/23

 scale-149033_1280

 

「絶対に痩せる方法があります!」

 

そんなことを聞くと、「またまた〜」とか「どうせ〜」と思われるのがオチですが、これ、あるんです。

 

 

人間、インプットとアウトプットしかないわけです。食べるカロリーをインプット、1日の基礎代謝に運動などで消費されるカロリーをプラスしたものをアウトプットと捉えると、

 

インプット量-アウトプット量=“マイナス数値”

 

になれば、その分カロリーは脂肪から消費されて痩せることになります。 なので、自分の基礎代謝がわかれば1日の消費カロリーの目安もわかるわけですから、摂取カロリーや糖質をその範囲内に抑えることができれば、必ず痩せる、というわけですね。

 

ちなみに、1日の消費カロリーの目安は、基礎代謝を1.4〜1.6倍にするとわかるようです。

スポンサーリンク

 

自分の基礎代謝を知る方法

では、自分の基礎代謝量を知るにはどうしたらいいのでしょうか?これにはいくつか方法があります。

 

1. 基礎代謝量がわかるデジタル体重計を使う

現代のデジタル体重計は非常に優秀で、体重計をセットし、乗るだけで自分の基礎代謝をはかることができます。すでに自宅に基礎代謝がわかるデジタル体重計がある方は、乗ってしまえば一番手早く簡単に基礎代謝をはかることができます。

 

2. サイトの自動計算ツールを使う

「基礎代謝 計算式」などのキーワードの組み合わせで検索すると、該当するサイトがたくさん表示されます。その中には自動計算ツールが組み込まれているサイトも多く、身長、体重、性別、年齢などのスペックを入力するだけで算出してくれますから、これに頼るのも楽な方法です。

 

3. 計算式を使って算出する

デジタル体重計やサイトの自動計算ツールを使って基礎代謝を算出することもできますが、自分で計算して出すことも出来ます。 その代表的な方法は2つ、あります。

 

(1) 厚労省の計算式

 

 

基礎代謝量 = 体重 × 基礎代謝基準値

※基礎代謝量基準値

 

基礎代謝基準値(厚労省)

出典:e-ヘルスネットより筆者作成
e-ヘルスネット:http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html

 

これは厚生労働省が提唱している、基礎代謝の簡易計算方法です。基礎代謝基準値がわかれば、あとは体重をかけ算するだけですから、非常に簡単に計算出来ます。

 

ただし、この算出法では基礎代謝基準値を「年齢区分」で出しています。若い年代は、1年毎の成長度合いが高く、その変化が大きい年代をひとくくりにするのは、いささか大雑把かとも思います。

特に15〜17歳の女子は、1年毎に基礎代謝が変化しますので、この方法だと正確さに欠ける部分があります。

 

(2) ハリスベネディクト計算式

 

男性の基礎代謝 = 66.5 + (体重×13.8) + (身長×5.0) - (年齢× 6.8)

女性の基礎代謝 = 655 + (体重×9.6) + (身長×1.8) - (年齢×4.7)

 

ハリスベネディクト計算式はサイトの自動計算ツールでもよく使われている方法です。

厚労省が出している計算式とは違い、年齢や身長が加味された計算式ですので、より詳細に基礎代謝量を算出することが出来ます。

 

昔、レコーディングダイエットが流行りましたが、あれは「記録」することでインプットとアウトプットをコントロールするというものだったはず。

やはり、基本的なことですが、まずは自分の基礎代謝を把握することからはじめてみてはいかがでしょうか?いくらよいダイエット法を導入し、継続しても、根本を押さえておかないと、効果は半減するはずです。

 

スポンサーリンク

 

 - ダイエット習慣, 基礎代謝量の測り方

  関連記事

【効果&やり方】もやしダイエットで知っておきたい「効果を高めるツボと注意点」

もやしダイエットって何? ダイエットの基本的なパターンは、運動や基礎代謝アップ、 …

夏本番!【5:2ダイエットの効果とやり方】は?

5:2ダイエットって何なの? 5:2ダイエットとは、1週間のうち5日間は普通の食 …

ぽっこり下腹をつくる「老け腸」になる7つの生活習慣

  ダイエットをはじめ、美容や健康にも“腸の管理”が不可欠です。「人は …

【飲み方】豆乳ダイエットを続けやすくする飲み方の工夫とは?

豆乳はアレンジ幅が多様なドリンク 豆乳は健康的なだけではなく、ダイエットにも効果 …

【飲む】ココナッツオイル、【コーヒーとの相性・効果・入れる量】は?

  飲むオイルを上手に使おう 飲む、ゆすぐ、塗るなど、ココナッツオイル …

ダイエットだけじゃない!?ルイボスティーのもたらす意外な効果について

ルイボスティーを飲んだことはありますか? そもそもルイボスティーの素になるルイボ …

夏の疲労回復に最適な梅干し。実はダイエットにも効果アリ!その効果&食べ方は?

夏と言えば、辛いものや酸っぱいものが欲しくなる季節ですよね。特に酸っぱいものを欲 …

【効果&やり方】朝バナナダイエットの効果と成功させる正しい取り組み方とは?

取り組みやすいから知っておきたい「正しいやり方」 朝バナナダイエットなるものがあ …

ランニング+αの習慣でセロトニンを増やす方法

  ランニングで増える「セロトニン」とは? ランニングを習慣化するメリットの1つ …

【効果】成功する冷やご飯ダイエット、その方法とは?

炭水化物を抜く。 ダイエットによくある手法として「炭水化物抜きダイエット」なるも …