DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

マヌカハニーの驚くべき【5つの効果効能】とは?喉に効くだけじゃない!

      2015/06/28

「喉を痛めた時はマヌカハニーがいい」

私も仕事柄、人前で話すことが多いのですが、元々体がそれほど強くないために風邪も引きやすく、そのせいもあって、たまに喉を痛めてしまいます。

そんな時に思い出すのが、

「喉を痛めた時はマヌカハニーがいい」

という言葉。

誰から聞いたのかは思い出せませんが、妙に印象に残っています。

そこで調べてみると、このマヌカハニー、喉にだけではなく、他にもいろんな「大きなプラス効果」が見込めるようです。

今回は

マヌカハニーとは何か?
マヌカハニーの効果効能は?

について、お伝えしてきます。

マヌカハニーとは?

そもそもマヌカハニーとは、ニュージーランドにだけ自生しているマヌカの木から採れるハチミツのこと。

マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などの意味で、ニュージーランドの先住民であるマオリ族は樹液や葉を薬として用いていたようです。

そのマヌカのハチミツであるマヌカハニーには、医療にも使われるほど高い殺菌作用が確認されています。

では、一体どのように役立つのでしょうか?

マヌカハニーの効果効能とは?

【効果1】ピロリ菌への殺菌効果

ピロリ菌。

この言葉、一時期よく聞きませんでしたか?

おそらく、このマヌカハニーが広く知れ渡ったのも、「ピロリ菌に効果的」という評判広がったことが大きな要因ではないでしょうか。

ピロリ菌は日本人の約半数が感染し、50代以降になるとその感染率は80%に達すると言われています。

そもそもこのピロリ菌は、胃の粘膜に生息しており、主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。ピロリ菌は困ったことに、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中にすみつづける特性があります。

そう、除菌しないといけないんですね。

実際、イギリスでは、ピロリ菌の殺菌にマヌカハニーが効果的だという実験結果が出たようです。 5%濃度のマヌカハニーはピロリ菌を殺菌、2.5%濃度のものでも局部的な殺菌を行えたという結果のようで、その効果の高さが伺えます。

【効果2】
喉の痛みや鼻づまりの改善、
風邪やインフルエンザの予防

冒頭でもお伝えした「喉の痛み」にも、マヌカハニーは効果的です。その炎症を和らげる効果は有名で、喉が痛い時にはマヌカハニーを食べるとよいでしょう。

このマヌカハニーの持つ効能は、その殺菌作用にあります。ですから、風邪やインフルエンザの治癒、予防にも、もちろん効果的ということですね。

スポンサーリンク

【効果3】切り傷や火傷等の治癒

「はちみつを塗る」ことは、何も特別なことではないようです。古代では民間医療として、火傷の治癒にはちみつを使っていたようです。

また、現代の認識でもケガをした場合、傷口を乾燥させない方が治りも早いものです。

それらのことからも、傷口が出来たらマヌカハニーを塗り、バンドエイドを貼っておくだけでも、マヌカハニーの抗炎症効果の恩恵を受けることができます。

【効果4】虫歯、口内炎、歯周病の治療や防止

はちみつそのものの味が甘いですから、虫歯や口内炎、歯周病にも効果的というのは納得しづらいかもしれません。 しかし、基本的に虫歯の原因になりやすいのは砂糖で、マヌカハニーに含まれている糖分とは種類が異なります。

マヌカハニーに含まれている糖分は、単糖類のフルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)が主成分。これらは、虫歯の原因になりにくい糖分なんですね。

また、もう1つ、虫歯や歯周病を引き起こす原因になりがちな「ミュータンス菌」の抑制にも、マヌカハニーの殺菌作用は効果的に働きます。

マヌカハニーは、オーラルケアにも効果的だということです。

【効果5】整腸作用による、消化性潰瘍など、胃腸疾患の改善

マヌカハニーの殺菌作用は、胃腸の不調を改善させる効果もあります。近年の研究では、胃炎、消化性潰瘍、消化不良、十二指腸炎にも有効だという研究結果も報告されているようです。

「喉を痛めた時はマヌカハニーがいい」 と、いわれますが、これらのようにマヌカハニーには「喉にいいだけじゃないすばらしい効果」が期待できます。その強い殺菌作用をうまく活かせるよう、目的に合わせて製品を選び、取り入れていただければと思います。

スポンサーリンク

 

 - マヌカハニー ,

  関連記事

マヌカハニーの【UMFとMGOの違い】とは何?

マヌカハニーを選ぶ際に目につく表記がコレ、UMFやらMGOです。 「これ、たぶん …