DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

晩酌でオーバーカロリーにならない「お酒とおつまみ」の工夫

   

暑さが増してくるこの季節、ついつい晩酌が進んでしまいます。「痩せたいけど、ついつい晩酌してしまう…」という気持ち、よくわかります。

だからといって、晩酌をガマンしすぎるのもよくありません。逆にストレスが溜まるだけで、そのストレス発散のためにまた食べてしまう…。そんな悪循環になってしまっては元も子もありません。

そこで発想を変えましょう。

晩酌そのものを太りにくいものにする、という発想。その工夫の方が健全です。

では、どうやって晩酌を工夫するのでしょうか?

工夫1:太りにくいお酒に変える

昔から「酒は百薬の長」とも言われるように、適量であれば、血行を促進し、気持ちも体も適度にゆるめてくれる、健康にプラスになる飲み物です。

そこで、その特性を活かすのです。

ぐびぐびではなく、ちびちびと飲むお酒に切り替えてみること。そうすれば、自然と適量になりやすくなります。小さい工夫ですが、大事な工夫。

たとえば、ワインやウィスキーです。

スポンサーリンク

ワインのよいところ

ワインは、その豊富なポリフェノール、アンチエイジング効果が有名です。

実はワインにはその他にも「エラグ酸」という成分が含まれており、このエラグ酸には脂肪燃焼効果があるようです。うまく活用したいものですね。

また、気になる糖質は、白ワインよりも赤ワインの方が低いんです。ですから、飲むなら赤の方がおすすめですね。

ウィスキーのよいところ

ウィスキーに代表されるスピリッツ系のお酒は、実は糖質ゼロ

つい、ぐびぐび飲んでしまうビールや発泡酒、気づいたら“落ちる”まで飲んでしまう日本酒など、つい進んでしまうお酒ほど糖質が多いですから気をつけたいものですね。

この「糖質の多いお酒、少ないお酒」に関しては、こちらの過去記事を参照下さい。

【関連記事】
低糖質のお酒はコレ!糖質ちょいオフ中にOKなお酒、NGなお酒

スポンサーリンク

工夫2:おつまみにナッツを使う

次はおつまみの工夫。晩酌のお供は「ナッツ類」がおすすめです。

特に、アーモンドやくるみがおすすめ。 アーモンドやくるみには、オレイン酸をはじめとする良質な脂質や各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。健康維持やダイエット効果が高いということです。

ただし、食べ過ぎには注意。アーモンドも適量は1日25g(25粒)まで。

アーモンドをダイエットと美容につなげる方法については、以下の過去記事に詳しく書いていますので、そちらを参照ください。

【関連記事】
【アーモンド】ダイエットと美容に効く!アーモンドの効果、食べ方、注意点は?

くり返しますが、適量であれば美容、ダイエット、健康によいのがナッツ類のよいところ。普段のおつまみを少し変え、量を変えるだけでいいのです。是非、試してみて下さい。

スポンサーリンク

 - ダイエット習慣

  関連記事

セロトニンって何?増える、減るとどうなる?

  Contents1 セロトニンって何?増えるとどうなる?2 セロト …

やり方を間違えない!正しいゆで卵ダイエットの効果、やり方、そして注意点は?

ゆで卵ダイエットとは、一食だけゆで卵に変えてみたり、一部のおかずをゆで卵に変えて …

【効果】成功する冷やご飯ダイエット、その方法とは?

炭水化物を抜く。 ダイエットによくある手法として「炭水化物抜きダイエット」なるも …

ランニング+αの習慣でセロトニンを増やす方法

  ランニングで増える「セロトニン」とは? ランニングを習慣化するメリットの1つ …

【フムス】は身近な食材で作れるスーパーフード!その効果と注意点とは?

    今日本でも少しづつ注目を集めているスーパーフード、「フムス」。 …

【いつもの飲み物+α】で代謝アップ【5つの方法】

「普段のひと工夫」が体を変える! 健康やダイエットには、「普段のひと工夫」がとて …

食べ物でセロトニンを増やす方法。サプリの注意点。

セロトニンは、食べ物でも増やすことができる。 別名、幸せホルモンとも呼ばれるセロ …

パレオダイエットを続けるコツ。成功するために注意しておきたい2つのこと

「パレオな食事は80%」が続けるコツ こちらの記事では、「そもそもパレオダイエッ …

6秒筋トレダイエット!時間不足、運動不足でも出来る簡単なダイエット法。やり方や注意点は?

6秒筋トレダイエットって何? 1回6秒間だけ筋トレをする。 これが6秒筋トレダイ …

【まいたけ】はダイエットにいい!?キノコ類でも特に効果アリな理由と食べ方とは?

まいたけにはダイエットにプラスな理由がたくさん 一時期TVCMでよく流れていた「 …