DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

ダイエットにも効く!?DHAの驚くべき健康とダイエット効果

   

DHA、どれだけ知っている?

「もうお馴染みの言葉になった」

そういっても過言ではないDHA。あなたはご存知ですか? DHA(=Docosahexaenoic Acid)はドコサヘキサエン酸の略称で、必須脂肪酸の一種。

必須というだけあって、わたしたちの体に必ず必要な成分なのですが、体内で生成することができません。つまり、食べることで摂取するしかないのです。

それではこのDHA、一体どのような効果があるのでしょうか?

健康、美容、ダイエットにおける効果、ならびに、何から摂ればいいのか等、必要な情報をあらためてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

DHAの効果って?

DHAの体への効果は、主に以下のようなものがあります。

脂肪燃焼効果!

DHAに関するとある実験結果には、サフラワー油を与えたマウスとの比較実験があります。その結果では、DHAを豊富に含んだ食事を与えたマウスの方が、サフラワー油を与えたマウスより体重が軽くなったそう。

ただ、十分にDHAと脂肪燃焼との因果関係は研究しつくされていませんが、ダイエット効果への期待が高まっていることは否めません。

血液サラサラに!

その他にも、褐色脂肪細胞が活性化され、脂肪の燃焼が促されるという結果が報告されるなど、DHAには、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、血中脂質を改善する働きがあるとされています。

これにより、血管の老化を防ぐことができ、生活習慣病を予防することができます。

脳機能や視力が回復!

脳の記憶を司る部位に、「海馬」といわれる部分があります。その海馬のリン脂質の20%がDHAとされているため、脳機能とDHAがセットになって語られることが多いのです。

同様に、網膜や視神経の細胞膜がリン脂質に当たるわけですが、こちらもそのリン脂質の約50%がDHAと言われています。

DHAを摂ることで、網膜や視神経の細胞膜を柔らかく保つことができ、情報の処理を素早く行なうことができるのです。

つまり、脳、視神経を本来のレベルで機能させるために、不足しがちなDHAを補うとよいですよ、ということですね。

スポンサーリンク

DHAが多く含まれている食事は?

DHAが含まれている代表的な食材は、マグロの脂身、さば、くじら、うなぎなどです。やはり、魚なんですね。

このDHAは、サプリメントでも摂取することができますが、やはり、自然の食材で摂りたいもの。特に、これからうなぎは手に入りにくくなりますからね。

いかがでしたでしょうか?

小さい頃、「お魚をちゃんと食べなさい」と、お母さんから言われた記憶を思い出しますね。上手に活用して、健康とダイエットに役立てましょう。
スポンサーリンク

 - DHA, ダイエット習慣 , ,

  関連記事

ホットヨーグルトのダイエット効果とは?そのやり方から注意点まで

ホットヨーグルトダイエットって何? 普通、「ヨーグルト=冷たくして食べるもの」と …

【効果】カスピ海ヨーグルトはダイエットや美肌に効果の期待大!

一時期話題になったカスピ海ヨーグルト、あなたは試してみましたか? 話題になっては …

食べ物でセロトニンを増やす方法。サプリの注意点。

セロトニンは、食べ物でも増やすことができる。 別名、幸せホルモンとも呼ばれるセロ …

やってわかった!【ココナッツオイルプリング】の効果とそのやり方

    オイルプリングって何? オイルプリングって聞いたことがあります …

プーアル茶でダイエット!?その効能や飲み方は?

ダイエットをうまく進めるコツは、やはりインプットとアウトプットに気を配ることです …

白湯のつくり方、その手順、ポイント、注意点とは?

白湯のつくり方は簡単です。 ですが、押さえておきたいポイントや注意点(疑問点?) …

みかんがダイエットに役立つ!?その効果と方法とは?

あなたはみかんをよく食べますか? 特に冬、こたつに入りながら目の前にあるのはみか …

ランニング+αの習慣でセロトニンを増やす方法

  ランニングで増える「セロトニン」とは? ランニングを習慣化するメリットの1つ …

オイルダイエット前に知っておきたい「効果を高める5つのコツ」

  便秘がちで下腹のぽっこりが気になる方は多いはず。そんな方におすすめ …

夏本番!【5:2ダイエットの効果とやり方】は?

5:2ダイエットって何なの? 5:2ダイエットとは、1週間のうち5日間は普通の食 …