DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

ダイエットにも効く!?DHAの驚くべき健康とダイエット効果

   

DHA、どれだけ知っている?

「もうお馴染みの言葉になった」

そういっても過言ではないDHA。あなたはご存知ですか? DHA(=Docosahexaenoic Acid)はドコサヘキサエン酸の略称で、必須脂肪酸の一種。

必須というだけあって、わたしたちの体に必ず必要な成分なのですが、体内で生成することができません。つまり、食べることで摂取するしかないのです。

それではこのDHA、一体どのような効果があるのでしょうか?

健康、美容、ダイエットにおける効果、ならびに、何から摂ればいいのか等、必要な情報をあらためてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

DHAの効果って?

DHAの体への効果は、主に以下のようなものがあります。

脂肪燃焼効果!

DHAに関するとある実験結果には、サフラワー油を与えたマウスとの比較実験があります。その結果では、DHAを豊富に含んだ食事を与えたマウスの方が、サフラワー油を与えたマウスより体重が軽くなったそう。

ただ、十分にDHAと脂肪燃焼との因果関係は研究しつくされていませんが、ダイエット効果への期待が高まっていることは否めません。

血液サラサラに!

その他にも、褐色脂肪細胞が活性化され、脂肪の燃焼が促されるという結果が報告されるなど、DHAには、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、血中脂質を改善する働きがあるとされています。

これにより、血管の老化を防ぐことができ、生活習慣病を予防することができます。

脳機能や視力が回復!

脳の記憶を司る部位に、「海馬」といわれる部分があります。その海馬のリン脂質の20%がDHAとされているため、脳機能とDHAがセットになって語られることが多いのです。

同様に、網膜や視神経の細胞膜がリン脂質に当たるわけですが、こちらもそのリン脂質の約50%がDHAと言われています。

DHAを摂ることで、網膜や視神経の細胞膜を柔らかく保つことができ、情報の処理を素早く行なうことができるのです。

つまり、脳、視神経を本来のレベルで機能させるために、不足しがちなDHAを補うとよいですよ、ということですね。

スポンサーリンク

DHAが多く含まれている食事は?

DHAが含まれている代表的な食材は、マグロの脂身、さば、くじら、うなぎなどです。やはり、魚なんですね。

このDHAは、サプリメントでも摂取することができますが、やはり、自然の食材で摂りたいもの。特に、これからうなぎは手に入りにくくなりますからね。

いかがでしたでしょうか?

小さい頃、「お魚をちゃんと食べなさい」と、お母さんから言われた記憶を思い出しますね。上手に活用して、健康とダイエットに役立てましょう。
スポンサーリンク

 - DHA, ダイエット習慣 , ,

  関連記事

【くるみにダイエット効果アリ】は本当?その検証から1日あたりの適量まで

くるみはダイエットに効果的? くるみにはオメガ3脂肪酸である「αリノレン酸」が多 …

【アーモンド】ダイエットと美容に効く!アーモンドの効果、食べ方、注意点は?

ある大学の研究結果によると、18歳から50歳の男女50人が半年間アーモンドを食べ …

食べ過ぎないための【ナッツ類カロリー比較】

ナッツはダイエットにいいの?よくないの? 「ナッツはダイエットにいい」 「ナッツ …

朝カレーダイエットで効果を出す3つのポイント!

以前、「朝カレー」のCMがよく流れていました。 今ニューヨークヤンキースで活躍中 …

タバタ式トレーニングのダイエット効果ややり方は?

タバタ式トレーニングって何? タバタ式トレーニングは、別名4分間ダイエットとよば …

【効果&OK、NG食材】パレオダイエットとは?その効果は?食べていいもの、ダメなものは?

パレオダイエットって何? パレオダイエットのパレオとは、「パレオリシック(旧石器 …

【効果&やり方】朝バナナダイエットの効果と成功させる正しい取り組み方とは?

取り組みやすいから知っておきたい「正しいやり方」 朝バナナダイエットなるものがあ …

DHAとEPAの違いとは?

DHAとよく似たEPA DHAとよく似たEPA DHAと似た成分にEPAがありま …

グルテンフリーダイエットとは?食べていいもの、ダメなもの。その効果や注意点まで。

グルテンって何? グルテンをフリーにする、つまり、グルテンを食べないようにするダ …

【フムス】は身近な食材で作れるスーパーフード!その効果と注意点とは?

    今日本でも少しづつ注目を集めているスーパーフード、「フムス」。 …