DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

低糖質のお酒はコレ!糖質ちょいオフ中にOKなお酒、NGなお酒

      2015/05/22

スポンサーリンク

ウイスキー

 

 

無理な糖質制限、極端な糖質制限はストレスの源となり、リバウンドの原因にもなります。せっかく糖質制限ダイエットをするなら、おいしく、楽しんでチャレンジしたいものですよね。

 

そこで考えたいのが“お酒”についてです。

 

「お酒が大好き!」
「夕食のお供にはどうしてもお酒は外せない!」

 

なんて人も多いはず。

実は、お酒にも糖質の少ないものもあれば多いものもあります。おいしく、楽しく糖質ちょいオフダイエットに取組み、成果を出すためにも、低糖質のお酒とそうでないものが何なのかを知っておく必要があります。

 

そこで低糖質なお酒、糖質の多いお酒のランキングです。

スポンサーリンク

 

低糖質なお酒ランキング!

1.糖質ゼロ!「スピリッツ系」のお酒

ウィスキー、ブランデー、ジン、ウォッカなど、スピリッツ系のお酒、焼酎を含む蒸留酒は、実は糖質ゼロ。

今、マッサンで脚光を浴びているウィスキーもそうなんですよね。糖質ゼロのお酒でうれしい限りです。

もちろん、発泡酒でも糖質ゼロのものがありますので、糖質が気になる方はそれでもよいですが、人工甘味料が含まれているケースが多いですので、健康的にはあまりよくないかと思われます。

 

2.糖質低めの「赤ワイン、白ワイン」

続いてはワイン。

糖質量はグラス1杯につき赤ワインが1.5g、白ワインが2gと言われています。同じワインといっても、白ワインはやや高め。ですから飲むなら赤がオススメ。

それと、もちろん、甘口のワインはより糖質の含有量が多くなりますから、辛口のものにしましょう。

 

糖質の多いお酒ランキング!

 

1.やっぱり糖質が多い「発泡酒、ビール」

お酒の中で最も糖質含有量が高い部類に入るのがこの2つ。

発泡酒は1缶あたり12.7g、ビールは同じ1缶あたり10.9gと言われています。このあたりが一番糖質が多い部類なので要注意!なんですね。

 

2.日本酒や梅酒

続いて日本酒や梅酒。

日本酒は1合あたり8.1g、梅酒はグラス1杯あたり6.2gとされています。

日本酒や梅酒って、気づいた時にはどんどんお酒が進んでいた…なんてケースは多いと思います。このあたりも糖質が多いんですよね。つい飲み過ぎてしまいがちなお酒だからこそ、余計に気をつけたいものです。

 

糖質ちょいオフ中は、糖質の高いお酒は飲んじゃダメ?

 

もちろん、ここで書いているような“低糖質のお酒はOKで、糖質の多いお酒は絶対NG!”といっているわけじゃありません。

 

おおよそ、1日に摂取していい糖質量の目安は250g、ダイエット中は200g以下に抑えることが理想とされています。

 

ですから、摂取していい糖質の全体量と、それぞれの食物に含まれている糖質の分量は一体いくらくらいなのかを頭に入れておくこと。これが大事。 その上で飲み方を工夫しましょう。

 

たとえば、1杯目だけをビールにして、あとはワインやウイスキーで糖質を抑える。そんな組み合わせもアリです。

 

ちゃんと糖質摂取量の目安におさまっていれば、糖質がやや多めのお酒を飲んでもOKなのです。

 

ストレスや糖質量と上手くつきあいながら、おいしく楽しく“糖質ちょいオフライフ”を過ごしたいものですね。

 

【まとめ】 

・糖質ちょいオフダイエット中、お酒選びも大事なポイント
・低糖質のお酒と糖質の高いお酒がある
・ウィスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、焼酎は糖質ゼロ
・ワイン類は糖質低め。ただし、甘口ワインは当然高くなる
・発泡酒、ビールは、糖質が最も多い部類
・1日に摂取していい糖質量の目安をもとに、飲み合わせに工夫を!

スポンサーリンク

 

 - 糖質オフダイエット

  関連記事

糖質制限をしても痩せない時にありがちな「5つの間違いと対策」

スポンサーリンク   糖質制限をしていてもなかなか痩せない。 &nbs …

【朝スープダイエット】で代謝のよいカラダづくり!

スポンサーリンク ダイエットをうまく進める上で大事なことの1つに、「代謝を上げる …

【飲む】ココナッツオイル、【コーヒーとの相性・効果・入れる量】は?

スポンサーリンク   飲むオイルを上手に使おう 飲む、ゆすぐ、塗るなど …