DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

ココナッツオイルは認知症に効果あり?改善効果が期待出来る量や摂取方法は?

      2015/05/06

スポンサーリンク

f3fd201900a1c33de76de80552828471_m

アルツハイマーが劇的に改善された事例

以前、こんな話題がありました。

アメリカの女医メアリー・T・ニューポートさんの夫が、若年性アルツハイマーと診断されました。その言動や食事療法の記録を行ったドキュメンタリー、「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能」という本が話題になりました。

様々な療法を試してみたものの、症状は一向に改善せず。そんな中、ココナッツオイルから抽出されたMCTオイルのことを知ります。このオイルによって、アルツハイマーの症状が改善された事例が多くあることを。

そこで、メアリーさんは夫にココナッツオイルを食べさせるようにしたところ、夫の症状が劇的に改善されたとのことです。

スポンサーリンク

 

なぜ、ココナッツオイルが
アルツハイマー型認知症に期待できるのか?

アルツハイマー型認知症は、別名、脳の糖尿病とも呼ばれるようです。

アルツハイマー型認知症の方は、脳のエネルギー源の「ブドウ糖(グルコース)」をうまく生成できません。

そこでココナッツオイルの出番です。 こちらの記事でもお伝えしましたが、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

これは肝臓で「ケトン体」に分解されます。このケトン体が脳でブドウ糖(グルコース)の代わりの働きをし、脳のエネルギー源として働いてくれるのです。

 

どれくらいの量を摂ればいいのか?

では、そのココナッツオイルですが、一体どれくらいの量を摂取すればいいのでしょうか?

一日に必要なケトン体を生成するのに必要なココナッツオイルの量は、おおよそ大さじ1、2杯程度と言われています。

これ、ものすごく手軽ですよね!

一日に何杯かのコーヒーを習慣的に飲む方であれば、少しずつわけて摂ってもいいでしょう。トーストなどに塗ってもいいかもしれません。

 

工夫して、ココナッツオイルを楽しもう

ココナッツオイルは認知症に期待できる。そうはいっても、まだまだエビデンスも十分にあるわけではありませんから、その判断は難しいと言えます。

ですが、実際に改善した例や声も多々寄せられていることは確か。レシピを工夫したりして、自ら楽しんでココナッツオイルを取り入れられれば何よりかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - ココナッツオイル ,

  関連記事

塗るココナッツオイル【使い道・効果・注意点】について

スポンサーリンク   ここしばらくブームが続いているココナッツオイル。 …

虫除け、虫刺されに効くココナッツオイルの使い方

スポンサーリンク 蚊にさされやすい人は試してみては? ココナッツオイルには本当に …

ココナッツオイル、抽出方法による違いのまとめ

スポンサーリンク   ココナッツオイルにも違いがあるの? ココナッツオ …

お腹を壊さないココナッツオイルの摂り方「3つのポイント」

スポンサーリンク   ココナッツオイルを始めてよくあること ココナッツ …

【春と夏】も活躍する【ココナッツオイル】の使い方

スポンサーリンク   ココナッツオイルを塗る「季節」は? 海外でのココ …

【飲む】ココナッツオイル、【コーヒーとの相性・効果・入れる量】は?

スポンサーリンク   飲むオイルを上手に使おう 飲む、ゆすぐ、塗るなど …

ココナッツオイル、塗る前に必須のパッチテスト。そのやり方と注意点

スポンサーリンク ココナッツオイルを塗る前に 案外、多くの使い道があるココナッツ …