DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

不飽和脂肪酸とは?その体への働きや注意点は?

   

スポンサーリンク

適切に目的に合わせて摂れば、体によいことが

今回は不飽和脂肪酸についてです。

こちらの記事では、脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別できること、また、飽和脂肪酸の基本的な知識についてお伝えしました。

shibousan

何事もそうですが、メリット、デメリットがあり、過剰に摂取すればその分、よくないことが起こります。前回はそのあたりについて基本的なことをまとめました。

同じように、今回は不飽和脂肪酸についての基本的なことをまとめていきます。

不飽和脂肪酸って何?飽和脂肪酸との違い

飽和脂肪酸は、炭素の数や炭素同士の結びつきに、二重結合の分子構造が「ない」もののことでした。と、いうことは、不飽和脂肪酸はその二重結合の分子構造が「ある」ということです。

で、その二重結合の数によって、不飽和脂肪酸もその種類が分かれるとのことです。

不飽和脂肪酸で、二重結合の数が

1つ「だけ」のものを「一価」不飽和脂肪酸、
2つ「以上」のものを「多価」不飽和脂肪酸

と呼びます。

分子構造で二重結合の数が違うと物質の安定度が異なります。

飽和脂肪酸を含め、物質の安定度の「高い順」に並べると、

飽和脂肪酸、
一価不飽和脂肪酸、
多価不飽和脂肪酸、

の順番になります。

物質の安定度が高いということは常温で固まりますから、貯蔵には向いているものの、摂りすぎると中性脂肪やコレステロールが増え、高脂血症、動脈硬化の危険性が高まります。

逆に物質の安定度が低くなると、常温では固まりませんから、体内ではさらさらで、血中の中性脂肪やコレステロールを調節する働きがあるといわれています。

では次に、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の違いについて見て行きましょう。

スポンサーリンク

 

一価不飽和脂肪酸のはたらき

主にオレイン酸に代表される一価不飽和脂肪酸は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らしてくれます。また、循環器系の疾患リスクを減らしてくれる働きもあります。

(一価不飽和脂肪酸が多く含まれる食品)
オリーブオイル、ひまわり油、サフラワー油(紅花油)、キャノーラ油、パーム油など

多価不飽和脂肪酸のはたらき

オメガ3脂肪酸のはたらきと主な食品

多価不飽和脂肪酸にはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の2種類があります。

オメガ3脂肪酸には、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

アレルギー疾患、高血圧、心臓血管系疾患の予防につながるαリノレン酸や 魚に豊富に含まれている「脳の働きを正常にしてくれる」ことで有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が代表的なものです。

これらはいずれも、人間の体内では合成出来ない必須脂肪酸です。

(オメガ3脂肪酸が多く含まれる食品)
・αリノレン酸…亜麻仁油、ごま油、しそ油、菜種油など
・DHA…マグロの脂身、さば、くじら、うなぎなど
・EPA…さば、くじら、うなぎなど

オメガ6脂肪酸のはたらきと主な食品

オメガ6脂肪酸には、悪玉だけでなく善玉コレステロールも減らす働きがあります。

代表的なのは、サフラワー油、ひまわり油、コーン油などに含まれるリノール酸です。これも必須脂肪酸です。

(オメガ6脂肪酸が多く含まれる食品)
・リノール酸…サフラワー油、ひまわり油、綿実油、大豆油、コーン油など

最後に、不飽和脂肪酸の摂り過ぎ、不足によってどんなことが起こるのかを見て行きましょう。

不飽和脂肪酸の摂り過ぎ、不足で起こりうること

不飽和脂肪酸を摂りすぎると…

油ですから、まず、肥満になる恐れがあります。

あと、オメガ3脂肪酸では吐き気や軟便、オメガ6脂肪酸では脂質異常、動脈硬化、アレルギー症状の悪化が懸念されます。

不飽和脂肪酸が不足すると…

逆に不足すると、皮膚炎や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞、また、集中力や学力の低下も懸念されます。

 

スポンサーリンク

 

 - 脂肪酸についての知識 ,

  関連記事

飽和脂肪酸とは?メリットや摂り過ぎのデメリットは?

スポンサーリンク Contents1 脂肪酸にも種類がある2 飽和脂肪酸とは?摂 …

脂肪酸とは?なぜ必要?摂り過ぎ、不足による体への影響は?

スポンサーリンク 油について知っていること、“なんとなく”が多いのでは? リノー …