DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

夏本番!【5:2ダイエットの効果とやり方】は?

   

スポンサーリンク

5:2ダイエットって何なの?

5:2ダイエットとは、1週間のうち5日間は普通の食事を摂り、残りの2日は断食(ファスティング)に当てるというダイエット法です。

この2日間の断食(ファスティング)といっても、全く何も食べずに過ごさなければならないというわけではありません。

この2日間は、カロリーを通常の4分の1程度に抑えた食事にするということ。 男性であれば600kcal以内、女性であれば500kcal以内が目安です。

現代人は基本的に食べ過ぎですから、こういったプチ断食の日づくりを習慣化すれば痩せますし、自制心も育っていきますから、とてもよい方法だと思います。

ちなみに、この5:2ダイエットを提唱しているのはイギリス人医師のマイケル・モズレー氏。この方は1年ほどかけて9kgものダイエットに成功されたようです。

この5:2ダイエット、ダイエット効果はもちろんのこと、あなたにどのようなことが起こるのでしょうか? 次は、5:2ダイエットのメリットや効果についてです。

スポンサーリンク

5:2ダイエットであなたに起こることは?

この5:2ダイエット、改めてメリットや効果を整理してみると、取り組みやすく続けやすい、そして自然な方法のため健康的にもよいことがわかります。

方法に無理がないから続けやすい

まず、5:2ダイエットは、プチ断食でもあります。ゆえに断食(ファスティング)の日でも食事は摂りますので、通常の断食よりも空腹感にさいなまれにくいでしょう。

また、週に2日だけですから、その点でも自然で取り組みやすく、続けやすいのが特徴です。

会社員生活でも取り組みやすく、続けやすい

先ほどの「週2日だけでよい」というのは、特に会社勤めをされている方にとってはとてもうれしいこと。

会社勤めだと、なんだかんだ言っていろんな付き合いがあります。期間中は毎日実践しなければいけない七号食など、スケジュールが組みにくい断食法だとちょっと厳しいものがあります。

【関連記事】
七号食ダイエットで起こる「2つのよいこと」とその理由

お金がかからず、自然で健康的

5:2ダイエットでは、何も特別なものを用意する必要はありません。あくまでプチ断食の習慣をつくるというだけです。つまり、お金がかからなくて、経済的。

さらに、週に2日のプチ断食ですから、食費の節約はもちろん、無理のないペースで取り組めること自体がとてもよいのです。

急激なダイエットはストレス過多になることも多いですし、リバウンドも怖い。ですが、この5:2ダイエットは自然なペース。ゆっくりと、確実に、気づいたら習慣が変わり、健康的にもなっている。

自然なペースで自然な結果が出やすいからこそ、無理なく続けられるということですね。

では、男性は600kcal以内、女性は500kcal以内といっても、一体、どのようなものを食べればいいのでしょうか?

5:2ダイエットの「2の日に食べるもの」

2の日、ファスティング・デイに食べてよい食品は以下のようなものです。

良質なタンパク質を摂る

良質なタンパク質は適度な満腹感を与えてくれます。特に卵などはよいでしょう。ゆで卵は案外カロリーが低いんですよ。

【関連記事】
やり方を間違えない!正しいゆで卵ダイエットの効果、やり方、そして注意点は?

ある研究によると、朝食に卵を食べると、パンで摂るタンパク質よりも空腹感を感じにくいという結果もあるようです。だから、トーストとゆで卵はセットなのかもしれませんね。 その他にも、ささみ、鶏ムネ肉なんかはタンパク質が豊富ですね。

スポンサーリンク

野菜、果物を多く摂る

野菜はご存知の通り、カロリーが高くないです。ですので、多めに食べても問題はないでしょう。ただ、かぼちゃやじゃがいもなどはカロリーが高いですから、食べ過ぎには注意ですね。

野菜でしたら、スープにして摂るのもよい方法。スープはいろんな方法でアレンジが可能でして、中には代謝アップ、脂肪燃焼効果が狙える方法もあります。

【関連記事】
【朝スープダイエット】で代謝のよいカラダづくり!

低GI食品を選ぶ

低GI値の食品は、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。つまり、空腹感を感じにくく、脂肪にもなりにくいのが特徴です。

例えば、野菜、果物、玄米、オートミールなどを積極的に取り入れること。特に玄米は完全栄養食ですし、オートミールも朝食等に使いやすいでしょう。

【関連記事】
【ポリッジ】ダイエットにも効果的!オートミールでつくるポリッジとは?その効果は?

水はたくさん飲む

お水といっても、お茶やブラックコーヒーを飲んでも大丈夫です。水分はキッチリとっておきましょう。空腹感を避けることにもつながりますからね。

これらを組み合わせて、男性は600kcal以内、女性は500kcal以内に抑えるようにしましょう。この2日間のファスティング・デイも、いろんなアレンジができますから、この組み合わせを考えるのもまた楽しいですよね。

スポンサーリンク

 - 5:2ダイエット, ダイエット習慣 ,

  関連記事

【下腹ダイエット】ぽっこり下腹を引き締める「簡単で即効性の高いエクササイズ」5選

スポンサーリンク 「ぽっこりした下腹を引き締めたい」 特に夏場になると薄着になり …

話題の【フムス】を手軽に気軽に楽しめる【3つのアレンジ法】

スポンサーリンク   今世界のベジタリアン、ダイエッターたちから支持さ …

【レシピ】酵素ドリンクの基本的な作り方について

スポンサーリンク 前回は酵素そのものの働きについてシンプルにお伝えしましたが、今 …

食べ物でセロトニンを増やす方法。サプリの注意点。

スポンサーリンク セロトニンは、食べ物でも増やすことができる。 別名、幸せホルモ …

【飲み方】酵素ドリンクはいつ飲む?どれくらい飲む?最適なタイミングと飲み方、注意点は?

スポンサーリンク 酵素ドリンクをつくったものの、「あれ、いつ飲めばいいんだろう? …

プーアル茶でダイエット!?その効能や飲み方は?

スポンサーリンク ダイエットをうまく進めるコツは、やはりインプットとアウトプット …

ところてんを上手に食べてダイエット効果!その効果や方法は?

スポンサーリンク ダイエットには心強いところてん。その理由は? そもそも心太(と …

【おかゆダイエット】は痩せたいけど食べたいあなたに最適!その特徴からはじめ方まで。

スポンサーリンク   痩せたい。でも、食べたい。 「そんなムシのいい話 …

【効果】成功する冷やご飯ダイエット、その方法とは?

スポンサーリンク 炭水化物を抜く。 ダイエットによくある手法として「炭水化物抜き …

晩酌でオーバーカロリーにならない「お酒とおつまみ」の工夫

スポンサーリンク 暑さが増してくるこの季節、ついつい晩酌が進んでしまいます。「痩 …