DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

寒天でダイエット!ゼリーで食べると効果抜群!その効果や食べ方、注意点は?

   

スポンサーリンク

ダイエットに最適!寒天の「すごい特徴」とは?

カロリーがほぼ「ゼロ」!

ダイエットはインプットとアウトプットのバランスを整えることですから、なるべくインプット(食べる)量を適量にする、低カロリーなものに置き換えることが必要です。

それに適した食材が「寒天」です。

寒天は「テングサ」という海藻からつくられます。その成分の大半がエネルギーとして吸収出来ない多糖類のため、非常に低カロリーなのが特徴。

例えば似たもので動物性コラーゲンの「ゼラチン」と比べてみましょう。 同じ5gでつくった場合、ゼラチンなら約20kcalですが、寒天のカロリーはほぼゼロ、なんです。

スポンサーリンク

食物繊維が豊富!

また、寒天には食物繊維が多く含まれていて、水溶性と不溶性食物繊維の2種類が含まれています。

食物繊維に関する記事はコチラ
【関連記事】
食物繊維がミネラル吸収を阻害?食物繊維の種類と働きについて

簡単に言いますと、

不溶性食物繊維は、

・ 水に溶けにくく、水分を吸収して膨れ上がる
・ よって、満腹感が得やすい
・ 腸内の蠕動運動を活発にさせる
・ よって、便を柔らかくしたり、量を増やしてくれる
・ デトックス効果も期待できる

というもの。

一方、水溶性食物繊維は、

・ 水に溶け、粘着性がある
・ それにより、満腹感を高め、食べ過ぎを防ぐ
・ 血糖値の上昇を抑える
・ 脂肪をつきにくくする

という特徴があります。

カロリーがほぼゼロであること。そして、これら不溶性、水溶性の両方の食物繊維を多く含んでいることから、ダイエットにかなり適していることはおわかりになるかと思います。

では、寒天ダイエットはどのように取り組むのでしょうか?また、注意点はあるのでしょうか?次は、寒天ダイエットのやり方や注意点についてお伝えしていきます。

寒天ダイエットの方法とは?その注意点とは?

先ほどの説明を思い起こしていください。お分かりだと思いますが、寒天そのものは「脂肪を減らしてくれる」ものではありません。継続的に寒天に置き換えることで、自然と痩せやすくなる。つまり、痩せやすい習慣を身につけられるということです。

では、その習慣はどのように身につけるのでしょうか?

実践方法は簡単です。

「食前に寒天を食べる」

これだけです。

ただし、

「できれば直前ではなく、食事の10〜30分前に食べる」

そして、

「ゆっくり食べること」

この2つが大事なポイントです。

先ほどお伝えした通り、寒天には食物繊維が多く含まれています。特に不溶性食物繊維はお腹の中で膨らみます。ですから、水分をたっぷりとること。そうすればお腹で水分を吸収し、満腹感を高めてくれ、食べ過ぎを防いでくれます。

また、よく噛むことで満腹中枢を刺激し、さらに満腹感を高めることができます。それに、その間に不溶性食物繊維がお腹の中で膨らむでしょう。

つまり、食事の前に時間をあけ、ゆっくりとかんで食べることで、カロリーはほとんどとらずに満腹感を得ることができるのです。

ただし、いくらカロリーが低いからといって、食べ過ぎはNG。寒天(粉寒天の場合)の1日あたりの摂取量は6g程度にとどめておきましょう。

食べ過ぎは逆に消化不良を起こしますし、寒天をたくさん食べることで満腹感を得ることに慣れすぎると、寒天を辞めた場合、その分同じだけの満腹感を食事で得ようとしてしまいます。つまり、食べ過ぎの習慣が身につく恐れがあるということです。 必要な栄養素は摂りながら、あくまで食事量を減らすことがダイエットの基本です。

スポンサーリンク

寒天ダイエットのポイントや注意点

食べ方のまとめ 最後に、寒天ダイエットのポイントや注意点、食べ方について、再度まとめておきます。

・ 寒天ゼリーはほぼゼロに近いくらい、カロリーが低い
・ 寒天には食物繊維が豊富。不溶性、水溶性の食物繊維の両方がとれる
・ 食前、10〜30分前に食べることで、お腹で膨らむ時間をとる
・ 食べる時はゆっくりと。噛むことでも満腹中枢を高める
・ 水分をたくさんとり、お腹のなかで膨らませる
・ 食べ過ぎはNG!1日あたり6g程度にとどめる
・ 寒天は1日分をまとめて作り置きしておくと便利
・ 標準的分量は、300ccに寒天2〜4gを煮溶かしてつくる
・ 水分は、水だけではなく、ジュースやコーヒーもOK
・ あくまで全体の食事量は減らすのがダイエットの基本
・ 寒天だけを食べない。食事で栄養をしっかりとる!

寒天は低カロリーでアレンジも出来るよい食材です。ダイエットに適していますから、是非、お好みのアレンジで取り入れてみてくださいね。
スポンサーリンク

 - ダイエット習慣, 寒天ダイエット ,

  関連記事

【いつもの飲み物+α】で代謝アップ【5つの方法】

スポンサーリンク 「普段のひと工夫」が体を変える! 健康やダイエットには、「普段 …

グルテンフリーダイエットとは?食べていいもの、ダメなもの。その効果や注意点まで。

スポンサーリンク グルテンって何? グルテンをフリーにする、つまり、グルテンを食 …

デトックス、ダイエットに効く白湯を飲む5つのメリット

スポンサーリンク 白湯(さゆ)ってご存知ですか? デトックスやダイエット、美容の …

【下腹ダイエット】ぽっこり下腹を引き締める「簡単で即効性の高いエクササイズ」5選

スポンサーリンク 「ぽっこりした下腹を引き締めたい」 特に夏場になると薄着になり …

【飲み方】豆乳ダイエットを続けやすくする飲み方の工夫とは?

スポンサーリンク 豆乳はアレンジ幅が多様なドリンク 豆乳は健康的なだけではなく、 …

ダイエットだけじゃない!?ルイボスティーのもたらす意外な効果について

スポンサーリンク ルイボスティーを飲んだことはありますか? そもそもルイボスティ …

白湯を飲むタイミング。いつ、どれくらいを飲めばいいのか?

スポンサーリンク 白湯は体を温める中心となる「胃」を温めます。胃腸を温めることで …

朝カレーダイエットで効果を出す3つのポイント!

スポンサーリンク 以前、「朝カレー」のCMがよく流れていました。 今ニューヨーク …

【おかゆダイエット】は痩せたいけど食べたいあなたに最適!その特徴からはじめ方まで。

スポンサーリンク   痩せたい。でも、食べたい。 「そんなムシのいい話 …

無理なく健康的に食欲を抑える【8つのコツ】

スポンサーリンク     どんなにいいダイエット法を取り入れても、どん …