DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

6秒筋トレダイエット!時間不足、運動不足でも出来る簡単なダイエット法。やり方や注意点は?

   

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットって何?

1回6秒間だけ筋トレをする。

これが6秒筋トレダイエットなのですが、いかがでしょう?とても簡単だと思いませんか?

私も、「いやいや、また奇をてらった方法じゃないの?」なんて思いそうになりましたが、案外そうでもないんですよね。

よくよくこの6秒筋トレダイエットの中身をみてみると、そういえば私、やっていました。

私は中学、高校と陸上競技に取り組んでいましたが、その際に「アイソメトリックス」という筋トレを行っていまして、これが結構効果があるんです。

どういう筋トレかというと、例えば両手の手のひらを胸の前で合わせたまま、双方の手をぐっと押し合う感じです。

このように、アイソメトリックスとは、関節の曲げ伸ばしを行わないまま、静的な状態で負荷をかける筋トレのことです。

鍛えたい部位によって、いくつかのトレーニング方法がありますが、特徴的なのは、場所と時間を選ばないこと。静的なトレーニングで短い時間で負荷をかけますから、自宅や通勤時、オフィスなど、場所を選ばず取り組むことができるんですね。

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットのやり方は?

やり方は、痩せたいと思っている部分に意識を集中させ、グッと力を入れた状態を6秒間続けます。

例えば、

・両手の手のひらを胸の前で合わせたまま、双方の手をぐっと押し合う
・壁や柱をグッと押し付ける
・お腹にグッと力を入れて凹ませる
・つま先立ちになって、ふくらはぎに力を入れる
・イスに浅く座り、両ヒザを内側方向へ思いっきり力を入れる

など、鍛えたい箇所にグッと短時間で負荷がかかるようにする。これだけでも十分です。

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットの注意点は?

1. 息を止めずに呼吸をしながら行いましょう

息を止めたまま行うと、体への負担が強くなります。特に血圧の上昇や心臓への負担が強くなりますから、特に高血圧の人は注意された方がよいでしょう。

2. 鍛えたい箇所に意識を集中しましょう

意識を向ける、向けないで、全く結果が異なります。これは筋トレの基本です。鍛えたい箇所に意識を集中し、鍛えた後に出来上がる体のイメージをしながら行いましょう。イメージは大切です。

3. 力を入れた後は必ずゆるめましょう

力を入れるだけでなく、メリハリをつけることで筋肉が効率よく刺激されます。

いかがでしょう?

非常に簡単で時間もかかりません。負荷も少なめのものから取り入れられますから、ちょっとしたエクササイズから始める場合にも適しています。

是非、限られた時間を有効に使うためにも、6秒筋トレダイエットをうまく取り入れてみて下さい。
スポンサーリンク

 - 6秒筋トレダイエット, ダイエット習慣 ,

  関連記事

毎日が豊かになる豆腐クリームの【魅力と作り方】

スポンサーリンク Contents1 豆腐クリームとは?その魅力とは?1.1 ・ …

【くるみにダイエット効果アリ】は本当?その検証から1日あたりの適量まで

スポンサーリンク くるみはダイエットに効果的? くるみにはオメガ3脂肪酸である「 …

話題の【フムス】を手軽に気軽に楽しめる【3つのアレンジ法】

スポンサーリンク   今世界のベジタリアン、ダイエッターたちから支持さ …

【効果&やり方】朝バナナダイエットの効果と成功させる正しい取り組み方とは?

スポンサーリンク 取り組みやすいから知っておきたい「正しいやり方」 朝バナナダイ …

食べ物でセロトニンを増やす方法。サプリの注意点。

スポンサーリンク セロトニンは、食べ物でも増やすことができる。 別名、幸せホルモ …

【効果&OK、NG食材】パレオダイエットとは?その効果は?食べていいもの、ダメなものは?

スポンサーリンク パレオダイエットって何? パレオダイエットのパレオとは、「パレ …

やり方を間違えない!正しいゆで卵ダイエットの効果、やり方、そして注意点は?

スポンサーリンク ゆで卵ダイエットとは、一食だけゆで卵に変えてみたり、一部のおか …

【まいたけ】はダイエットにいい!?キノコ類でも特に効果アリな理由と食べ方とは?

スポンサーリンク まいたけにはダイエットにプラスな理由がたくさん 一時期TVCM …

【フムス】は身近な食材で作れるスーパーフード!その効果と注意点とは?

スポンサーリンク     今日本でも少しづつ注目を集めているスーパーフ …

緑茶がダイエットにいい理由。緑茶ダイエットの効果は?

スポンサーリンク 緑茶、飲んでいますか? 普段から緑茶を飲む習慣がある方もいれば …