DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

6秒筋トレダイエット!時間不足、運動不足でも出来る簡単なダイエット法。やり方や注意点は?

   

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットって何?

1回6秒間だけ筋トレをする。

これが6秒筋トレダイエットなのですが、いかがでしょう?とても簡単だと思いませんか?

私も、「いやいや、また奇をてらった方法じゃないの?」なんて思いそうになりましたが、案外そうでもないんですよね。

よくよくこの6秒筋トレダイエットの中身をみてみると、そういえば私、やっていました。

私は中学、高校と陸上競技に取り組んでいましたが、その際に「アイソメトリックス」という筋トレを行っていまして、これが結構効果があるんです。

どういう筋トレかというと、例えば両手の手のひらを胸の前で合わせたまま、双方の手をぐっと押し合う感じです。

このように、アイソメトリックスとは、関節の曲げ伸ばしを行わないまま、静的な状態で負荷をかける筋トレのことです。

鍛えたい部位によって、いくつかのトレーニング方法がありますが、特徴的なのは、場所と時間を選ばないこと。静的なトレーニングで短い時間で負荷をかけますから、自宅や通勤時、オフィスなど、場所を選ばず取り組むことができるんですね。

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットのやり方は?

やり方は、痩せたいと思っている部分に意識を集中させ、グッと力を入れた状態を6秒間続けます。

例えば、

・両手の手のひらを胸の前で合わせたまま、双方の手をぐっと押し合う
・壁や柱をグッと押し付ける
・お腹にグッと力を入れて凹ませる
・つま先立ちになって、ふくらはぎに力を入れる
・イスに浅く座り、両ヒザを内側方向へ思いっきり力を入れる

など、鍛えたい箇所にグッと短時間で負荷がかかるようにする。これだけでも十分です。

スポンサーリンク

6秒筋トレダイエットの注意点は?

1. 息を止めずに呼吸をしながら行いましょう

息を止めたまま行うと、体への負担が強くなります。特に血圧の上昇や心臓への負担が強くなりますから、特に高血圧の人は注意された方がよいでしょう。

2. 鍛えたい箇所に意識を集中しましょう

意識を向ける、向けないで、全く結果が異なります。これは筋トレの基本です。鍛えたい箇所に意識を集中し、鍛えた後に出来上がる体のイメージをしながら行いましょう。イメージは大切です。

3. 力を入れた後は必ずゆるめましょう

力を入れるだけでなく、メリハリをつけることで筋肉が効率よく刺激されます。

いかがでしょう?

非常に簡単で時間もかかりません。負荷も少なめのものから取り入れられますから、ちょっとしたエクササイズから始める場合にも適しています。

是非、限られた時間を有効に使うためにも、6秒筋トレダイエットをうまく取り入れてみて下さい。
スポンサーリンク

 - 6秒筋トレダイエット, ダイエット習慣 ,

  関連記事

【下腹ダイエット】ぽっこり下腹を引き締める「簡単で即効性の高いエクササイズ」5選

スポンサーリンク 「ぽっこりした下腹を引き締めたい」 特に夏場になると薄着になり …

無理なく健康的に食欲を抑える【8つのコツ】

スポンサーリンク     どんなにいいダイエット法を取り入れても、どん …

【おかゆダイエット】は痩せたいけど食べたいあなたに最適!その特徴からはじめ方まで。

スポンサーリンク   痩せたい。でも、食べたい。 「そんなムシのいい話 …

朝カレーダイエットで効果を出す3つのポイント!

スポンサーリンク 以前、「朝カレー」のCMがよく流れていました。 今ニューヨーク …

【飲み方】黒酢ダイエットがもっとやりやすくなる!効果的な飲み方をご紹介。

スポンサーリンク 黒酢はやっぱりダイエットの強い味方! 黒酢にはクエン酸が豊富に …

【飲み方】豆乳ダイエットを続けやすくする飲み方の工夫とは?

スポンサーリンク 豆乳はアレンジ幅が多様なドリンク 豆乳は健康的なだけではなく、 …

白湯を飲むタイミング。いつ、どれくらいを飲めばいいのか?

スポンサーリンク 白湯は体を温める中心となる「胃」を温めます。胃腸を温めることで …

コーヒーでダイエット!?その効果や効果的なやり方、飲み方とは?

スポンサーリンク コーヒーがダイエットに効くらしい? その名もコーヒーダイエット …

寒天でダイエット!ゼリーで食べると効果抜群!その効果や食べ方、注意点は?

スポンサーリンク Contents1 ダイエットに最適!寒天の「すごい特徴」とは …

基礎代謝が下がる【習慣】、下がる【食べ方】とは?働き盛りの30代、40代は特に注意!

スポンサーリンク ダイエットには、インプットとなる食事に気をつけること、そして、 …