DIET&HEALTH LOG

ココロもカラダも健康的にキープ。ウエイトはBESTに、コンディションはMAXにする情報ブログ。

ダイエットだけじゃない!?ルイボスティーのもたらす意外な効果について

   

スポンサーリンク

ルイボスティーを飲んだことはありますか?

そもそもルイボスティーの素になるルイボスは、南アフリカ共和国、ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ、自生する針葉樹です。同国政府の厳重な品質管理のもと栽培されている貴重な植物なのです。

それだけ、ミネラル豊富な土壌でしか育たない貴重なルイボス。実は健康によいだけではなく、美容にもダイエットにも効果的な飲み物なんです。

ですから、うまく活用すれば、とってもプラスな存在。 では、そのルイボスティーのプラス効果、一体どのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ルイボスティーの驚くべき効果とは?

1. アンチエイジング効果!

1つ目はアンチエイジング効果です。 ルイボスティーには、「SOD酵素」なるものが多く含まれています。

SODとは、Super Oxide Dismutaseの略称で、あらゆる老化現象の原因となりうる活性酸素を除去し、シミ、ソバカス等肌のトラブルに効果的な成分です。 若々しく、美しい肌を保つには必須なんですね。

2. 代謝の改善によるダイエット効果!

2つ目は、ダイエット効果です。

ルイボスティーは代謝アップに役立ち、脂肪燃焼効果をもたらしてくれます。

ですから、有酸素運動や筋トレなどと組み合わせると、よりその効果が期待できるということですね。

また、ルイボスティーに含まれるマグネシウムが、腸内の水分を集め、腸内環境を整える役割も果たしてくれます。

脂肪燃焼効果だけでなく、便秘解消にも一役かってくれるわけですから、ダイエットにはとても心強い味方ですね。

3. ストレス軽減で安眠効果!

ルイボスティーの持つ抗酸化作用は、何もアンチエイジングだけではありません。

活性酸素の除去により、ストレスによるイライラを軽減し、ぐっすり眠れる効果ももたらします。

4. 二日酔いの軽減!

お酒を多く飲むと、アセトアルデヒドという毒素が多く発生し、大量の活性酸素が発生させ、頭痛や吐き気、肝機能の低下を引き起こします。

そんな時にもルイボスティーの抗酸化作用です。この抗酸化作用で、体調不良がかなり軽減されるようですよ。

5. アレルギーの低減!

巷で言われている、ルイボスティーの意外な効果の1つに、アレルギーの低減があります。

アレルギーとは、花粉症やアトピー皮膚炎などのアレルギー症状です。これらにもルイボスティーの持つ抗酸化作用が役立つようで、アレルギー症状を抑えてくれるようなんですね。

いかがでしたでしょうか?

さすが、生産地域が限定されているだけあって、とても素晴らしい効果がたくさんありますね。ラーメン屋さんでもルイボスティーを出すお店がありますけど、なんだか納得です。

是非、ご自身の生活に合わせて取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク

 

 - ダイエット習慣, ルイボスティー ,

  関連記事

【飲み方】黒酢ダイエットがもっとやりやすくなる!効果的な飲み方をご紹介。

スポンサーリンク 黒酢はやっぱりダイエットの強い味方! 黒酢にはクエン酸が豊富に …

パレオダイエットを続けるコツ。成功するために注意しておきたい2つのこと

スポンサーリンク 「パレオな食事は80%」が続けるコツ こちらの記事では、「そも …

アセロラの効果は?ダイエットでの体ケアにかなり有効な理由。

スポンサーリンク 暑い夏の季節。 体が酸っぱいものを求めやすい季節ですが、それは …

基礎代謝が下がる【習慣】、下がる【食べ方】とは?働き盛りの30代、40代は特に注意!

スポンサーリンク ダイエットには、インプットとなる食事に気をつけること、そして、 …

オイルダイエット前に知っておきたい「効果を高める5つのコツ」

スポンサーリンク   便秘がちで下腹のぽっこりが気になる方は多いはず。 …

夏の疲労回復に最適な梅干し。実はダイエットにも効果アリ!その効果&食べ方は?

スポンサーリンク 夏と言えば、辛いものや酸っぱいものが欲しくなる季節ですよね。特 …

ダイエットにもいい!?玄米茶の効能とダイエットにいい理由まとめ

スポンサーリンク 玄米茶ってどんなお茶? 玄米茶とは、日本茶の一種で、蒸し、炒っ …

【クレンズ準備から復食まで】リバウンドしない正しい過ごし方

スポンサーリンク   ジュースを使ったクレンズダイエットは、その準備と …

朝カレーダイエットで効果を出す3つのポイント!

スポンサーリンク 以前、「朝カレー」のCMがよく流れていました。 今ニューヨーク …

【副作用】注目のマテ茶は飲み過ぎに注意!?副作用が起こりやすい人や間違った飲み方は?

スポンサーリンク 南米発の別名「飲むサラダ」とも呼ばれるマテ茶。 ミネラルやポリ …